2015/07/04 高島家サプライズ結婚式


奥さんと結婚した頃
 

 

まだまだ仕事も安定していなく

 

 

収入もほとんど無い状態で

 

 

光熱費を払うのもままならないくらいでした。

 

 

そんな状況だったので中々結婚式を挙げることもできず

 

 

婚姻届けだけ出して

 

 

結婚指輪は一個千円の物を2人で付けていました。

 

 

入籍してからも俺を気遣ってか、うちの奥さんは一度も結婚式挙げたいって言わなかった

 

 

「私ほんまに幸せやから結婚式とか別にええんよ」

 

 

いつもそう言ってくれてた。

 

 

でも俺知ってたんよね

 

 

いつか奥さんが本屋さんの雑誌コーナーでウェディングドレスの写真を見ていたことを。。。

 

 

いっつも何にも言わないけど

 

 

結婚式挙げたかったと思う。。。

 

 

ウェディングドレス着たかったんやと思う。。。

 

 

今日を生きるのに必死やった俺は

 

 

笑って過ごせる明日を創るのにガムシャラやった俺は

 

 

いつか余裕ができたら

 

 

いつか準備ができたら

 

 

いつか仕事が落ち着いたら

 

 

その時に。。。

 

 

そうやってずっとずっと大切なコトを先延ばしにしていた。。。

 

 

でも、幸せは「いつか」ではなく「今」

 

 

もしその「いつか」が来なかったら

 

 

きっと俺は一生後悔するからな

 

 

ちょっと遅くなったけど

 

 

2015年7月4日

 

 

都内で小さな小さな結婚式を挙げました。

 

 

まだまだ裕福でない高島家だから

 

 

お金もほとんどかけれず

 

 

豪華なコトやモノはほんとに何一つできないほんとにささやかな挙式でした。

 

 

小さな小さな結婚式やけど

 

 

沢山の仲間が協力して下さって

 

 

周りの多くの方に支えて頂いて

 

 

とてもとても温かい結婚式を挙げることができました。

 

 

サプライズにしてたので何も知らない奥さんを

 

 

「結婚式はまだまだ挙げられないけどせめてウェディングドレス着て家族3人で写真だけでも撮ろう」

 

 

結婚して初めて奥さんにそんな小さな嘘を一つつき、なんとか会場へ連れ出しました。

 

 

当日サプライズで地方や遠方から駆けつけてくれた奥さんのご両親やご家族やご友人

 

 

奥さんの大切な大切な人達に囲まれ

 

 

本当にみなさんのお陰で一生心に残るとてもとても温かな日となりました。

 

 

改めて皆様にこの場を借りて心からお礼申し上げます。

 

 

本当にありがとうございました。

 

 

高島家一同より

映像制作小形和彦

カテゴリー すぐそばを幸せにする 高島大のブログ タグ , , , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です