高島大『〝何を伝えたか〟よりも〝何が伝わったか〟』

泣いてる時は

「泣いちゃダメ」

よりも

「そっか~悲しかったんやな~」

 

転んだ時は

「痛くないよ」

よりも

「痛かったね~」

 

うまくできなかった時は

「どうしてできないの?」

よりも

「どうすればできると思う?」

 

迷ってる時は

「こっちがいいよ」

よりも

「どっちがいい?」

 

手伝ってほしい時は

「〇〇しなさい」

よりも

「〇〇してくれたらおとさん嬉しいな」

 

やめてほしい時は

「〇〇やめなさい」

よりも

「〇〇されたらおとさんは悲しいな」

 

急いでる時は

「遅刻したらダメ」

よりも

「時間守ることを大切にしような」

 

さわったらダメな時は

「さわったらダメ」

よりも

「見てるだけにしような」

 

なにかこぼした時は

「もう~何やってんの~!」

よりも

「拭いたら大丈夫やで」

 

娘に言葉をかける時は


否定命令指示語


よりも


受容
共感肯定質問語の言葉を意識しとる。


例え同じ意味の言葉でも


伝え方をちょっと変えるだけで


受け取った時の気持ちや考え方が大きく変わるんよね。


とは言っても


言葉って無意識に発してしまうモノやからね


自身が親や周りからかけられてきた言葉や


これまで使っていた言葉が習慣化され


ついつい無意識に発してしまいそうになるんよね。


だから最初から完璧にやろうとせず


例えできなかった時も


決して落ち込んだり反省したりせず


少しずつ少しずつ


娘に合った言葉や


幸せな気持ちになる言葉を伝えていけるよう


いつも意識して選ぶようにしとる。


それは娘だけでなく


奥さんにかける言葉も同じように意識して大切にするコト。


娘はいつも聴いとるからね。それを(^_^)


言葉って


何を伝えたか


よりも


何が伝わったか


それがとてもとても大切やと思うわ。


 

~~~~~~~~~~~~~~~

初著書『すぐそばも幸せにできないで』

ワニブックス出版

amazon

http://ur0.link/sA1O

表紙

 

「もし明日キミに会えないとしたら」

PHP出版

amazon

https://www.amazon.co.jp/dp/4569834906

ashita_coverobi_0206

カテゴリー すぐそばを幸せにする 高島大のブログ タグ , , , , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です