『世界最強の仮面』高島大


その仮面をつけていると


みんなが優しくしてくれるんよ


同情してくれるし


慰めてくれるし


励ましてくれる

 

 

その仮面をつけていると


みんなが態度を変えてくれるんよ


機嫌を取ってくれるし


気を遣ってくれるし


お金をくれることもある

 

 

その仮面をつけていると


いつも自分は正しくいられるんよ


自分は変わらずに相手に変わってもらうことを要求できるし


自分は謝らなくても相手が謝ってくれる

 

 

その仮面をつけていると


自分が不幸な目にあった時も


ひどい目にあった時も


傷つけられた時も


いつも誰かや何かのせいにできるんよ

 

 

親のせい

パートナーのせい

あの人のせい

この人のせい

あの出来事のせい

この出来事のせい

仕事のせい

会社のせい

上司のせい

部下のせい

貧乏のせい

政治のせい

社会のせい


いつも誰かや何かのせいにでき


いつも自身は正しい人でいられるんよね

 

 

最強のこの仮面の名前は


『被害者の仮面』


世界最強の仮面やねん

 

 

ただこの最強の仮面にも弱点があってね


フィットしててあまりのつけ心地の良さに


いつの間にか仮面を被っていることすら自分でも気づかなくなるんよね

 

 

そしてこの仮面をつけて見るこの世界は


自分を傷つけ悲しませひどい目にあわせる悪者と悪い出来事で溢れ


自身の幸せはいつも誰かや何かに脅かされる不自由で恐ろしい世界なんやわ

 

 

しかもこの仮面


内側から鍵がかかっとるから


決して誰かが外側から外すことはできないんよ


その鍵を外すことができるのは自分だけなんよね

 

 

馴染んだ仮面を外すのは


最初はちょっと勇気がいるかもしれんけどね


外したらめっちゃ解放感があって


めっちゃ清々しく息ができることに気づける

 

 

しかもその仮面を外したら


今まで自分を傷つけ悲しませひどい目にあわせてきた悪者も


これまでつらい目にあわせてきた悪い出来事も


あれ?どこいった?


いうくらいどこにもいなくなるんよね。

 

 

だからといって自分が加害者になるわけでも


自分のせいでも自分を責めるわけでもなく


ただただふわりと自由になれる

 

 

相手を責めるか自分を責めるかという


加害者か被害者しか存在しない世界ではなく


目の前にはただ


そんな善悪を超えた事実という出来事だけが残り


どんな意味付けをするか


どう在るか


どう生きるかを


自分で自由に選択できる世界が広がり


本当の意味で心の自由を手にすることができるんよ

 

 

もし一瞬の幸せを手に入れたければ


いつも誰かや何かのせいにすること


誰かや何かを100%悪者にしないと


前に進めない時もあるやろうからね

 

 

だけどもし一生の幸せを手に入れたければ


もう誰かや何かや自分を責めることをやめてみる


誰も悪くない


あなたも悪くない


色んなことあっても


自分の幸せはいつでも


自身で選択できる自由がある。

 

 

カテゴリー すぐそばを幸せにする 高島大のブログ タグ , , , , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です