『他人の評価を気にしてしまう。。それ、健全な感性やからね。』高島大

 

人は誰もが


他者に認められたら嬉しいし


認められなかったら悲しい


という感性を持っていて


それはとても健全で素晴らしい感性

 

 

 

俺も他人の評価めっちゃ気にする


いいねや星が多かったら嬉しいし


少なかったら悲しいし


講演に沢山の人が来てくれたら嬉しいし


一人も来てくれなかったら悲しいし


本が何万部も売れたら嬉しいし


ちっとも売れなかったら悲しいし


人に褒められたら嬉しいし


人が離れていくと悲しいし


奥さんに大ちゃん素敵と言われたら嬉しすぎて踊るし


大ちゃん嫌いと言われたら三日は寝込む(涙)

 

 

他人の評価にめっちゃ一喜一憂する


やけどそれが健全な感性やと思っとる

 

 

もし、私は他人の評価を全く気にしない


という人がいたら


よっぽど悟りを開いているか


そう言う必要がある立場か


それが正解(かっこいい)と思ってるか


もしくは


子どもの頃歯医者さんで奥歯を抜いた時に


一緒に喜怒哀楽の神経も抜いてしもたんかもしれんな。。

 

 

 

人は他人の評価に


時に喜び時に悲しむ生き物で


それはとてもとても自然なこと

 

 

 

無理に気にしないようにしよう


気にしないようにしようとするのは


眠れない夜に寝よう寝ようとして


逆に眠れなくなるのと同じように


不自然な行為やからね


気にする自分を卑屈に思うこともなければ


ましてや責めたり否定することもない

 

 

 

気にしていいんよ

 

 

 

本当に大切なのは


他人の評価を気にしないことではなくて


他人の評価に合わせて自分に嘘をつかないこと


そっちの方がよっぽど大切

 

 

 

例えば


他人の評価を得るために


ほんとは好きじゃないものを好きと言ったり


ほんとはやりたくないことをやったり


ほんとは思ってもないことを言ったり


ほんとはうまくいってないのにうまくいってるふりしたり

 

 


例えそれで一定の評価を得ることができても


ハリボテの中で心は弱るし魂は汚れてくる


そしたら自分で自分のことを


好きじゃなくなってしまうからね

 

 

 

他人の評価は気にしてもいい


だけど他人の評価に合わせて


自分をブラなさいこと


〝ブレない〟っていうのは


〝変わらない〟っていうことではなくて


いつも自分に正直でいること


人の『好き』も『大切』も


『考え』も『価値観』も『表現』も


変わっていくのもまた自然なことやからね。

 

 

 

私は他人の評価気にしますよ~!


だけどそれで泣いたり笑うことはあっても


自分を偽ることだけはしません

 

 

そんな人の方が


よっぽど信用できるし


よっぽど素敵な人。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー すぐそばを幸せにする 高島大のブログ タグ , , , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です