『奥さんは他人』高島大


例えば


奥さんがご飯を作ってくれた時


ありがたいな~って思うのは


奥さんのことを『他人』やと思ってるからなんよね。

 

 

例えば


期待と違った言動にがっかりしたり


考え方の違いにイライラしないのも


やっぱり奥さんのことを


『他人』やと思ってるからだと思う。

 

 

俺は傲慢な人間やからね


『他人』がご飯を作ってくれたらありがたいな~と思えても


『妻』がご飯を作ってくれたと思ったら


どっかでそれを当たり前と思ったり


きっと感謝の気持ちも薄れてしまったりするし


『他人』の考え方や価値観は尊重できても


『パートナー』の考え方や価値観が違ってたら


どっかで相手を変えたいと思ったり


きっと不満やイライラが募ったりするんよね。

 

 

奥さんは他人


一人の個として


人格と尊厳を持った大切な大切な他人

 

 

そう考えたら


食後に入れてくれたお茶一つとっても


この奥さんはよそ様の家の娘さんで


俺とは他人なのにお茶を入れてくれたんやな~


ほんまありがたいな~としみじみ思う。

 

 

例えどれだけ近しく親しく


例え夫婦や親子であっても


やっぱり人はどこまでいっても『他人』


〝わたし〟と〝あなた〟は違う存在


それを本当の意味で理解することができたら


きっと不満もイライラもなくなり


自然と受容できたり尊重できたり


感謝の気持ちが芽生えてくるんかもしれんね。

 

 

この人は他人なのに毎日ご飯を作ってくれた。


この人は他人なのにいつもお風呂を掃除してくれた。


この人は他人なのに毎月働いてお給料を渡してくれた。


この人は他人なのに病気の時看病してくれた。


この人は他人なのに稀に価値観が合う(笑)


そう考えたらほんまありがたいよね


どれ一つとっても当たり前じゃないから。

 

 

「ありがとう」の言葉は


〝あなた〟という他者の尊厳を認め尊重する


最大最良の贈り言葉。

 

 

 

 

高島大講演&イベント情報はこちら

高島大のニュースレター

 

累計10万部突破

高島大書籍一覧

 

カテゴリー すぐそばを幸せにする 高島大のブログ タグ , , , , , , , , , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です