『大切な人の心に魔が忍び寄った時は』高島大


あのな


人は悩みを抱え


暇で


必要とされず


孤独で


お金がなくて


お腹が空いていて


疲れている時


心のすき間に魔が忍び寄ってきて


その人から優しさも愛情も


自信も尊厳も奪い去ってしまうんよ。

 

 

だからもし、大切な人が


何か悩んでることがあったら


最後まで話を聴いてあげて


一生懸命力になってあげるといい。

 

 

もし、暇を持て余しているようなら


何か力になってもらえるような事を


探してお願い事をしてみるといい。

 

 

もし、お腹が空いているようなら


美味しいご飯でもぱぱっと作って


隣に座って一緒に食べるといい。

 

 

もし、お金がなくて困っていたら


節約には限りがあるからね


何かお金を生み出すアイデアを


一緒になって考えてあげるといい。

 

 

もし、一人で寂しそうにしていたら


何も話さなくてもいいからな


そばに寄り添い優しく抱きしめてあげなさい。

 

 

もし、疲れている時は


あったかいお風呂と布団を用意してあげ


そっと休ませてあげなさい。

 


そしたら魔は居心地が悪くなってね


すぐにいなくなるからな。

 


大切なのは


いつもより関心を持つことと


ほんの少し具体的な行動やで。

 


おとさん

 

カテゴリー すぐそばを幸せにする 高島大のブログ タグ , , , , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です