高島大『伝え上手の秘訣は受け取りやすい言葉選び』

 

あのな


男子に何かを伝える時は


気持ちを伝えるのも大切やけど


理由も説明してあげると親切やで

 

 

例えば


「もう~洗い終わったお皿はちゃんと拭いてよ~」
って言われたら


君の感情だけが伝わって


(何か怒ってる、、そのうち乾くから別にええやん)って


相手を不快にさせるだけで結果的に君の望みも叶わへんやんな


「お皿は拭いて食器棚に入れてもらえると台所も広く使えて後が楽なの」って言ってもらえたら


あっそうなんや、わかった。って


相手を嫌な気持ちにさせず君の望みも叶えられるやんな

 

 

特に男子は表情や雰囲気から人の


気持ちを理解共感するのは苦手やけど


言葉で理解するのは得意やからね


事情や理由を聞ければ納得できるし行動もしやすくなるんよ

 

 

何かを伝える時や話し合う時


女子同志なら雰囲気や感覚で伝わることも


男子には事情や理由も付け加えてあげると


伝わりやすいし察してもらえやすいで

 

 

言わなくても分かって欲しいと


相手の理解を求めるのもいいけど


相手が受け取りやすい言葉で


伝えてあげることもすごく大切


そっちの方がずっとずっと


望む幸せを育めるからね

 

 

ほな今日は豆ご飯や


豆どけて食べたら美味いぞ♪

 


おとさん

 

類似記事

想いと感情は別モノ

 

 

カテゴリー すぐそばを幸せにする 高島大のブログ タグ , , , , , , , , , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です