高島大『間違えてもいいんだよ』

 

娘が買ってきた駄菓子のラーメン


スープの素と麺の素を間違えて一緒に混ぜてしまい


ドロドロの謎のお菓子になってしもてね


感性を楽しみにしとった娘に


ごめんおとさん間違えた!と謝ったら


まいっか♪


大丈夫間違えてもいいんだよ♪って


優しく笑いながら食べてくれた(^_^)

 

 

よく子どもがどんな言葉を発するかは


日頃親がどんな言葉を使っているかが大切というけど


それが全てなわけでもなくて


俺や奥さんが一度も言ったことない


言葉を言うことだってあるんよ

 

 

「あのさ~」という標準語を


初めて我が家に持ち込んだのも娘やし


「おとさん目つむって」とほっぺにチューしてくれるのも


教えたわけでも奥さんとしてたわけでもないしね


(誰に習たんや。。)

 

 

何気ない言葉から


娘が日頃どんな人たちと


どんな言葉をかけ合い


どんな世界を生きているかを感じることができて


優しく大らかな人と社会に見守られ


和やかに伸びやかに成長してるんやな~と


ありがとうの気持ちでいっぱいになったわ

 

 

息の詰まるような


間違うことを許されない社会より


人は間違うことを前提とした


心を寄せ合い支え合う


そんな世界で在りますように

 

 

まいっか

大丈夫

ええんやで(いいんだよ)

嬉しい

ありがとう

ごめんね

どっちを選んでもうまくいく

 

カテゴリー すぐそばを幸せにする 高島大のブログ タグ , , , , , , , , , , , , , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です