高島大『昨日の記事について』

 

昨日書いた記事のせいか

励ましやご心配のメッセージ

たくさん頂きありがとう。

 

 

ただ

あれぜんぶが俺自身の

話なわけじゃなくてね

ミュージシャンが詩を

書くようにこれまでの

人生の中で実際に見聞きし

感じてきたコトを一つにまとめた言葉

 

 

やから多分どんなパパにも

ママにもかつて子供だった人

にも一つくらいは思い当たる

ことあったんちゃうかな。

 

 

とにかく誤解させ心配させて

しまった人ごめんな。

 

 

いつもママの気持ちを

代弁する記事が多いけど

俺の想いはママの方がとか

パパの方がとかじゃなく

 

 

ママもパパもどちらも大変で

どちらも頑張っててどちらも偉大で

お互いに慈しみ合い

支え合う関係でいられたらええよね

 

 

特にパパ(男性)はうまく吐き出せへんし

一人でグッと我慢して抱えやすくて

あんなこと(記事)例え思ってたとしても

絶対言わへんと思うんよ。

 

 

みんなは微笑み鬱

という言葉知っとる?

 

 

鬱って聞くと暗くネガティブなモノ

というイメージが強いけど

そのイメージ故に周りに心配

かけたくない変に思われたくない

思いから人前では辛さをひた隠し

あえて明るく振る舞ってしまう。

特にこれは男性に多くてね。

 

 

俺の友人も弱音悩み一つ打ち明けず

一人で死んでいったんよ

俺気づかへんかったんよ

いつも元気で笑っとったから

色んなこと抱えてることに

全然気づけへんかったんやわ。

 

 

パパ(男性)目線の記事は

どうしても自分の話や

自分擁護に受け取られやすく

内容によっては奥さんのこと

を変に誤解させてしまうことも

あるから書くのを少し敬遠してたけど

これからは書いていこうと思う。

 

 

自死の7割が男性という現代社会

男とはかくあるべき

夫とはこうするべき

父とはこうあるべき

張り詰めたそんな理想が

もう少し緩まって

たまには弱さ辛さも吐き出せる

優しい社会になること願っとる。

 

 

もっとパパにも感謝を伝えます

父親の偉大さに気づくことができました

夫の存在に救われていることに感謝です

お父さんのこと大好きですよ

そんなメッセージ下さった方々もありがとうね。

 

 

そんな風に読み取ってもらえ

感じてもらえてすごく嬉しかったで(^_^)

 

 

カテゴリー すぐそばを幸せにする 高島大のブログ タグ , , , , , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です