高島大『嫌われた時。人が離れていった時は。。』

 

人に嫌われた

人が離れていった

そんな時はガッツポーズなんよ

 

 

人に嫌われたり

離れていかれた時って

〝ない〟を見ると悲しくなるけど

〝ある〟を見ると嬉しくなるのは

自分のことを嫌いな人が

離れていったんじゃなくて

自分のことを好きでいて

くれる人が残ってくれた

ということ。

 

 

こないだパパ目線の記事を

書いたら半日で百人単位の

フォロワーさんが減った

 

 

どうもああいうのは

好かんかったらしい。。

 

 

やけどそれ以外のフォロー

外さず今も見てくれてる人は

旦那さん(パパ)のことを大切にしよう

そう思ってくれてる人が

今ここにいてくれてるんやな

そう解釈しとる(勝手に)

これでますます伸び伸びと

パパ目線の記事も書けるなと

 

 

自分のことを嫌う人や

自分から離れていく人が

いるということは

それだけ自分のすぐそばが

どんどん心地良い場所に

なっていくということ

 

 

SNSで一番苦しいことってね

いいねが少ないことでも

誰かに批判されることでも

人が離れていくことでもなくて

嘘の自分に共感されることなんよ

 

 

自分が思ってもないこと

自分がやってもないこと

自分じゃないことを表現し

例えそれで人から好かれたとしても

本当のところで他人と繋がれていない

そんな虚しさと孤独感しかきっと残らないんやわ

 

 

自分が本当に思ってること

自分が本当にやってること

自分が本当に大切に思うこと

を表現していたら

同じように大切に思ってる人と

心で繋がることができるし

例え他人の評価がどうであれ

確かな自分自身でいられる

 

 

俺自身Facebookで

記事書き始め5年になるけど

もし一つでも偽りの言葉や

嘘の思いを表現していたら

きっと今日まで書き続け

られてこなかったと思うわ

 

 

それはSNSに限らず

日常の幸せな人間関係においても

とてもとても大切なことなんよね

 

 

自分に嘘をつかずにいるのは

物事を損得で考えたり

短期的に捉えると少なからず

デメリットもあると思う

 

 

やけど長い目で広く見渡した時

必ず自分のすぐそばに豊かさと

幸せをもたらせてくれるんよね

 

 

改めて

いつも読んでくれてる人ありがとう

 

 

あなたは

タンスの引き出しに

エッチな本があることを

俺が発表しても(*’ω’*)

 

 

そして

うまくいかなかった時期や

苦しみ病める時期があった時さえ

変わらず読んでくれて

温かく見守り応援してくれた

 

 

大好きです

ほんまにありがとう

 

 

カテゴリー すぐそばを幸せにする 高島大のブログ タグ , , , , , , , , , , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です