高島大『夫婦関係を円満にする。そうやね。そうなんや。それもいいね。』

 

こないだ電車で出かけた時

 

3番ホームに並んでたら

 

奥さんが反対側のホーム指しながら

 

「4番ホームやで」って言うから

 

「そうなんや」って4番ホームから電車に乗ったんよ。

 

 

そしたら一駅くらい過ぎたころに

 

「あっ逆や!」て小さく叫んだ奥さんと

 

「ワァーオ(笑)」て娘と3人で笑った。

 

 

だけど実は、

 

3番ホームていうの、俺知ってたんよ

 

事前にナビで調べとったからね

 

 

だけど「俺の方が正しい」て

 

正しくあることより

 

あえて一緒に間違える方を選んだ。

 

 

特に急いでた訳じゃなかったし

 

結果的に3人で楽しい想い出が一つ増えたんよね。

 

 

(いやいや、間違えてるの知ってたら教えてあげたらええやん)

 

て思う人もいるかな

 

うん。多分これあんま理解されへん話やと思う(^_^;)

 

 

だけどこれは奥さんとの長い付き合いの中で

 

いい時もそうでない時も色んな季節を経験し

 

たどり着いた一つの答えであり習慣でもあるんよ。

 

 

大切な人との関係性がうまくいかへん時って

 

それはおかしい

 

それは間違ってる

 

こうした方がいい

 

そういう言葉と思考になりやすくて

 

多分それは

 

「相手を変えたい」「自分が正しい」

 

ていうのが根底にあるんよね。

 

 

関係性がうまくいってる時は

 

気持ちも穏やかで優しくなれるし

 

意見の違いも理解できたり受け止められて

 

自然と

 

そうやね

 

そうなんや

 

それもいいね

 

て言葉と思考になってくる。

 

 

だけど関係性の良い悪いによって

 

自分の言葉と思考が決まってしまうより

 

先に自分の言葉と思考を決めた方が

 

自家発電みたいに自分から良い関係性を生み出せるんじゃないかと。

 

 

例えば

 

奥さんが言うことは間違ってる

 

自分の方が正しい、と思っても

 

一回「そうやね」て受け止める

 

 

奥さんの意見が

 

自分と違ってたとしても否定せず

 

一度「そうなんや」「それもいいね」と受け入れる

 

 

自分が正しい

 

だけど自分〝だけ〟が正しいんじゃなくて

 

奥さんも正しい

 

そう考えるようにしたんよ。

 

 

それで何が起きたかというとね

 

以前にも増し笑顔の数が増えたんよね。

 

 

「正しさ」てすごく魅力的なモノやから

 

つい握りしめたくなるんやけど

 

振りかざせば誰かを傷つけてしまう武器にもなるから

 

それが正しいかどうか、より

 

それが誰を幸せにするか、を

 

いつも大切にしたいと思う。

 

 

だからうちの家は

 

そうやね

 

そうなんや

 

それもいいね

 

て、時々一緒に間違える(^_^)

 

 

 

2020年新春♪

福岡・東京講演のお知らせ

半径5メートルの

すぐそばを幸せにするお金と人間関係

詳細はこちら

累計15万部突破

高島大書籍一覧

 

全国の講演&イベント最新情報が届く

高島大のメルマガ

 

恋人。夫婦。親子。自分。

半径5メートルのすぐそばを

幸せにする人間関係LIVE講座

たかしま家

 

たかしま家Web講座

 

心と髪を癒しキレイにする

ヘアサロンTAKASHIMA

カテゴリー すぐそばを幸せにする 高島大のブログ タグ , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です