高島大『娘に正直に話した話』

 

遊んでる時はぜんぜん普通なんやけど

 

ふとした時になんとなく娘が

 

何か抑えこんで我慢してるモノがあるような気がして

 

ずっと気になってたんよ

 

 

しばらく様子見てたけど多分これは 

 

パパとママのことやろうなと思ったから

 

娘に正直に話した

 

ママとケンカしてたことを。

 

 

俺はいつも娘の前ではなんでもないような顔してた

 

娘が悲しい気持ちになると思って

 

ケンカしててもケンカしてないと言ってたし

 

娘が傷つくと思って

 

ママに対して良い感情を持てなくなった時も

 

ママのことを良いように言ってた

 

それが娘にとって良いことだと思ってた

 

 

だけど違ってた

 

娘は気づいてたんよね

 

パパとママがなんだかぎこちないことを

 

それなのにパパはケンカしてないと言う

 

ママのこと大好きで大切でママは素晴らしいと言う

 

 

自分が感じてることと

 

パパが言ってることがチグハグで

 

娘は心の中ですごく混乱してたんよね。

 

 

なんでそれがわかったかと言うと

 

正直に本当のことを話した途端

 

娘の表情が見るみる晴れわたったんよ

 

 

その様子見て確信した

 

あ〜やっぱり娘は気づいてたんやなと

 

なんだか私パパにごまかされてるぞと

 

だけどパパが何も言わず隠してるから

 

娘も何も言えなくて抑えこんでいた

 

まさに鏡やったんよね

 

 

娘に謝りました

 

子どもだからといってごめんごめんなんて軽いノリじゃなく

 

一人の人間として真剣に手をついて心から謝りました

 

 

娘を悲しませたくない

 

心配させたくない傷つけたくないと

 

良かれと思って俺がしてきたことは

 

思いっきり間違ってたんやなと

 

娘に正直に話した時

 

初めてそれに気づくことができました。

 

 

子どもの心が一番傷つくのは

 

本当のことを知ることよりも

 

ごまかされてるように感じることや

 

嘘をつかれてると感じることなんよね

 

 

特にパパとママのこととなると

 

子どもは自分のせいと思いやすいから

 

これはパパとママの問題で

 

君のせいじゃない君は何も悪くないと

 

安心させてあげることもすごく大切で

 

だからこそ正直に事実を伝えることが

 

何よりも大切なことなんよね。

 

 

今パパな、ママに「もう〜っ!」て思っとるんや

 

て、悪口ではなく自分の気持ちも正直に話した

 

そんなこと初めて言ったから結構ドキドキした

 

 

そしたら娘は仲良い親友の名を出し

 

私も◯◯ちゃんとケンカすることあるよと

 

パパやママだってケンカすることもあるよねと理解してくれたようで

 

 

私もママにもう〜っ!て思うことあるからパパの気持ちわかるよと

 

俺がママにもう〜っ!て思う気持ちになることもあることを分かってくれたよう

 

 

正直で在るってことは

 

一人の人間として相手を信じ尊重することで

 

そこには大人も子どもないんよね

 

 

ちゃんと本当のことを話せた父と

 

ちゃんと本当のことを知れた娘は

 

そのあと心軽やかに遊ぶことができました。

 

 

 

 

 

累計15万部突破

高島大書籍一覧

 

恋人。夫婦。親子。自分。

半径5メートルのすぐそばを

幸せにする人間関係LIVE講座

たかしま家

 

好きな時に好きな場所で観れる

たかしま家Web講座

 

高島へのお悩み相談

個人セッションは

心と髪を癒しキレイにする

ヘアサロンTAKASHIMA

 

全国の講演&イベント最新情報が届く

高島大のメルマガ

カテゴリー すぐそばを幸せにする 高島大のブログ タグ , , , , , , , , , , , , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です